脱サラについて

無職とフリーランスが付加年金に入るべき理由【2年で元がとれて保険料は月400円】

会社員や公務員に比べて、将来受け取れる年金額が少ないフリーランス。
「不公平だなあ」と感じたことはありませんか?

実は自営業者・フリーランス・無職・学生・アルバイトだけが加入できるお得な年金制度があるんです。

それは月400円で加入でき、2年で保険料の元がとれる付加年金
年金制度への不安が高まる中、こんなにお得な制度は使わないと損ですよ!

この記事では付加年金の制度、メリット・デメリット、加入方法を解説していきます。

この記事を読み終えると、将来もらえる年金の受給額を増やすことができ、ほぼノーリスクで老後に備えることができます!
無職の間だけ付加年金に加入することも可能なので、ぜひ最後までご覧ください。

無職とフリーランスが付加年金に入るべき理由

無職やフリーランスが加入できる年金制度は『国民年金』のみで、会社員に比べ将来もらえる年金額が少なくなります。

会社員は『国民年金』と『厚生年金』の2階建て構造になっています

そんな可愛そうな無職&フリーランスに用意されたのが『付加年金』

実は付加年金は2年で元がとれる超お得な制度なんです!!
しかも保険料はたった月400円。

そんなお得な付加年金について詳しくみていきましょう。

2年で元がとれる付加年金とは?

付加年金とは、毎月の国民年金保険料にプラス400円を納めることで、将来受給する年金額を増やせる制度です。
「200円×納付月額」が将来受け取れる年金に加算され、たった2年で元がとれるお得な年金制度!

例えば20歳から60歳までの40年間、付加保険料を納めていた場合の年金額は以下になります。

支払った192,000円に対して毎年96,000円の付加年金を受け取ることができます。

65歳から年金を受け取り始めたとしたら、67歳以降は丸々プラスになります。 
つまり付加年金の保険料はたった2年で元がとれる!

平均寿命が80歳を超えている現在、老後のお金を少しでも用意しておくために付加年金はぜひ加入しておきたい制度です

付加年金のメリット・デメリット

付加年金はとてもお得な年金制度ですが、メリットだけでなくデメリットもあります。

メリット・デメリットを順番にみていきましょう。

付加年金のメリット

  • 2年で納付した保険料の元がとれる
  • 保険料を所得から全額控除できる
  • 年金の繰り下げ支給をすると付加年金も増額される

最大のメリットは、月たった400円の保険料なのに2年で納付した額の元がとれるところ!

先ほど40年も付加年金の保険料を納付したケースを紹介しましたが、実は無職の間だけ付加年金に加入することも可能です。

仮に半年間だけ加入した場合、プラスされる保険料は年1,200円。

たった年1,200円ですが、死ぬまで毎年もらえると思うと嬉しくないですか?

このように無職の間だけでも付加年金に加入しておいたほうがお得といえます。

付加年金のデメリット

  • 遺族基礎年金には反映されない
  • 年金の繰上げ受給すると付加年金も減額される
  • インフレリスクは考慮されない

デメリットは、付加年金は遺族年金に反映されないため65歳未満で死んでしまうと保険料は無駄になること。

もし年金の繰り上げ受給(65歳より前から年金をもらう)をすると、国民年金と同じように受給額は減額されるので注意が必要です。

また付加年金は国民年金ちがってインフレリスクが考慮されないので、たとえ将来物価が上がったとしても受けとれる額は変わりません。

このようなデメリットはあるものの、やはりメリットのほうが大きいので付加年金は加入したほうがお得といえるでしょう。

付加年金に加入できる人

  1. 国民年金第1号被保険者(自営業者・農業者・学生・アルバイト・無職の人で20歳以上60歳未満)
  2. 65歳以上の人を除く任意加入被保険者

付加年金は、自営業者・フリーランス・無職・学生・アルバイトなどが加入できます。
※会社員や公務員などの第1号被保険者、専業主婦などの第3号被保険者は該当しません

国民年金保険料の免除を受けている人・国民年金基金の加入者も対象外なのでお気をつけください。

付加年金の加入方法

付加年金の申し込み手続きはとっても簡単で、各市区町村役場の年金窓口で行うことができます。

その際に必要なものは、

  • 年金手帳
  • 身分証明書
  • 印鑑

保険料の納付は申し込んだ月からの開始で、納期限は翌月末日(納期限)となります。
»より詳しく知りたい人は付加保険料の納付のご案内

付加年金のおトクな支払い方法

  1. 月々の保険料をコンビニや金融機関で納める
  2. 月々の保険料を口座振替orクレジットカードで納める
  3. 保険料をまとめて前納する

付加年金の支払い方法はこちらの3つで、お得なのは②のクレジットカード納付③の前納

なぜならクレジットカードで保険料を納めれば毎月ポイントが貯まりますし、前納すれば保険料が割引されるからです。

保険料の前納による割引額

現金納付口座振替
6ヶ月分
(保険料2,400円)
2,380円
(20円割引)
2,370円
(30円割引)
1年分
(保険料4,800円)
4,710円
(90円割引)
4,700円
(100円割引)

付加年金は月々の保険料が400円と安いので割引額は20〜100円となんとも微妙…。

少しでも保険料が安くなるのは嬉しいですが、個人的にはポイントが貯めるクレジットカード納付がおすすめです!
毎月自動的に引き落とされるので、管理が楽でわざわざ銀行へ出向く手間も省けます。

»保険料を納めるのにおすすめのクレジットカードは2021年最新版|エポスゴールドカードは年会費無料!メリット・デメリットまとめ

老後の資金を少しでも増やそう

付加年金の保険料は、たったの月400円!
しかも2年で元がとれるとてもお得な年金制度なんです。

65歳から受給を開始したら、67歳まで生きれれば確実に元がとれます!笑
変な投資を始めるより、よっぽど確実で安全です。

将来の年金額を増やすために、フリーランスはもちろん無職の間だけでも付加年金に加入してみてはいかがですか?

以上、参考になればうれしいです。

▼おすすめ書籍

▼年金の受給額を増やす方法

国民年金の追納は損じゃない!ノーリスクで老後資金を1円でも増やそう 日本に住んでいる20歳以上60歳未満の方は国民年金の保険料を納める必要がありますが、失業などの理由で支払いを免除できます。その免除して...

▼無職になったらまずやることはこちら

退職後2週間以内にすることまとめ【トクする手続き方法も紹介】 「仕事を辞めた後どんな手続が必要?」「退職後に病院に行くときはどうすればいいの?」「失業手当はどこでもらえる?」このように仕事を辞めた...