脱サラについて

【会社員を辞めるためにしたお金の準備】今日からできる!ストレスなく貯金する方法


今回は会社員を辞めるために行ったお金の準備についてお話します。

会社を辞めたいと思い始めた1年前から本気で貯金に向き合った結果、お金のこと以外にもたくさんの気づきがあったのでまとめてみました。

そもそも私は思い立ったら即行動!な人間なのですが、安定して収入が得られる会社員を辞めるかどうかの選択はかなり慎重に行いました。
実際 “これだけあればしばらくは生活できる” と思える金額が貯まったことで、やっと辞める決断ができたんです。
貯金は会社を辞める気はないという方も準備しておいて損はないので、良かったら最後まで読んでいってください。

①生活防衛資金を貯める

まず始めに用意するべきお金は【生活防衛資金】です。

生活防衛資金とは、いざというとき生活に困らないように貯めておくお金のこと

会社員だろうがフリーランスだろうが必ず用意しておくべきお金です。
金額は個人のライフスタイルによりますが、半年〜1年生活できる程度の貯金を用意すれば◯

私の場合、真剣に会社を辞めるか考え始めたときには既に最低限の生活防衛資金は用意できていました。
そしてそのお金は普段使わない口座に移して、ないものとして生活するようにしています。

勢いで会社を辞めてしまうのもアリだと思いますが最低限の貯金、つまり生活防衛資金は確保しておくことをオススメします。

②事業などに使えるお金を貯める

生活防衛資金が用意できたら、次に生活費とは別に事業や自己投資に”自由に使えるお金”を準備し始めました。

そして目標を会社員のお給料から1年間で100万円に設定。(なぜこの金額なのかは後日記載します)

半年で50万円ずつ、つまり一月あたり8.3万円の貯蓄

貯金したいなら、まずやるべきこと

『1ヶ月あたり8.3万円を貯金する』ときいてみなさんはどういう印象を受けましたか?
楽勝?それとも絶対に無理?

なかなか本腰を入れてやらないと難しいのではないでしょうか。

ここからは私が実際に行った”貯金のコツ”をお話します。

固定費を下げる

お金を貯める上で最も重要なことは毎月の“固定費を下げること”
固定費を下げることによって生活防衛資金の金額も大幅に減らすことができます

例えば月々のケータイ代。
以前は、大手キャリアの料金プランをなんの疑問も持たず毎月6000円ほど支払っていました。

6000円×12ヶ月=年間7万2000円

ランチにドリンクをセットにする300円はケチるのに(←私のこと)、7万2000円はケチらないのっておかしな話ですよね。
そう思って格安SIMに変更し、月々のケータイ代を大幅に減らすことができました。

楽天モバイルに乗り換え、ポイントで支払いしているので通信費は実質ゼロ円に

なぜかみんなやらない

固定費を下げるのって最初の手続きはめんどうくさいけど一度済ませてしまえばかなり節約できます。
当たり前なことなのになぜかみんなやらないんですよね。

目の前の数百円をケチるより大きなところを節約したほうが我慢なく貯金できると思いませんか?

さらに固定費を大幅に減らすことができたので「少ない収入でもなんとかやっていけるのではないか」という自信にもつながりました。
固定費を下げるということは誰でも簡単にできることなので、ぜひ一度本気で取り組んでみてください。

価格じゃなくて”価値”でモノを買う

ここまではお金を貯める話をしてきました。
行き先不安定なものからすると、手元にあるキャッシュは多いに越したことはない!
しかし節約!節約!ってなるとストレス溜まりませんか?笑

ここからはお金を使うときの話をします。

突然ですが、あなたはモノを買うときなにで判断していますか?
100円だから安い?1万円だから高い?

会社員をしていると毎月お給料が振り込まれるので『1万円稼ぐのに自分がどれだけ頑張ったか』という考え方はあまりしないと思います。(というかしたことない)

実際に副業としてブログを運営し始めてから自分の力だけでお金を稼ぐことの難しさを痛感しました。

例)半年間で50記事以上書いたブログの売上→200円ww

こんな現実を目の当たりにしたので、必然的にお金を使うときの意識がガラッと変わりました
今までは値段で高い・安いを判断していたのですが価格ではなく価値で判断するように心がけています。

例えば、思い切って購入したMacBook Pro。
決して安い買い物ではないですが、スペックの高い(見た目もカッコいい)PCを購入したことで以前から興味のあった動画編集をはじめてみたり、ブログを更新するモチベーションUPにもつながりました。

そのほかにも友人とのごはんやおでかけ、旅行なんかも私にとっては価格以上に価値があることなので迷わずお金を使います。

そしてそのお金をかけたこと(モノや体験)を使ってコンテンツを生み出そうという意識が芽生えました。

MacBook → Macを使って仕事してPC代の元をとるぞ(まだできてない)
旅行やおでかけ → たのしみつつブログのネタにしよっと

1年間本気で貯金に向き合った結果

1年間本気で貯金に向き合ってみた結果、ストレスは全く感じていません。
それどころか無駄な買い物をしなくなったのでモノが減ったし、今持っているものをより大切にするようになりました。

そして浮いたお金で以前から興味のあった犬の殺処分を減らす活動の寄付を少額ですが始めてみたりと、ほんとうに必要なもの・お金を使いたいと思うことに目を向けることができました。
たとえ1000円であっても”何にお金を使うとき、自分はより満足感を得るか“ということを意識するようになり、ますます無駄遣いが減りました。

『節約』ってきくと『我慢する』というイメージではないでしょうか?
実際、上記のような考え方で過ごしてみると今までいかに無駄なモノを買っていたかに気付かされると思います。
そして本当に必要なモノ・欲しいモノにお金を使うことに今まで以上に満足感が味わえるので、人生がより豊かになりました。

貯金をしたい!という方、まずは無理のない範囲から、固定費を減らすというところから始めてみてはいかがですか?