Lifestyle

【Mac Bookガジェット】これだけは絶対必要!【USB-Cハブどれ選ぶ?】

Mac Bookを購入したら絶対に必要なガジェット『USB-Cハブ』

一口にUSB-Cハブといっても値段もピンきりで性能も様々なものがある中で、どれを選ぶべきかとっても迷いました。
そこで今回はパソコンとか全然詳しくない女子目線で、USB-Cの選び方やおすすめをご紹介!

必須アイテム USB-Cハブ

2016年モデル以降のMac BookにはUSB-Cの接続端子しかありません。

そのためUSB-Aの周辺機器を使うためには『USB-Cハブ』というのが必要になります。

私はこちらの『Anker(アンカー)7in1 USB-Cハブ』を購入しました

正直、種類が多すぎて選ぶときに凄く迷いました。
そこで、なぜ私がこちらを購入したのか以下にまとめました。

一体型orケーブル型

一体型のメリット・デメリット


一体型というのはこんな感じで本体に直接挿し込むタイプ。

メリット・デメリット

◎ 見た目がカッコいい!
✗ 挿し込むときにUSB-Cポートを2つ使う
  Mac Bookにしか使えない

「Satechi(サテチ)」というメーカーのものが、まるでApple純正のようなカッコいい見た目で大人気らしいです。

ケーブル型のメリット・デメリット


一方でケーブル型は名前の通り、ケーブルで本体と接続するタイプ。

メリット・デメリット

◎ USB-Cポートが2つの機種でも充電しながら使用可
  iPadにも使える
✗ ケーブルが着くため使用時に余分なスペースができる

接続できるポート数の違い

接続できる端子の数もモノによって様々。
以下から自分が必要なものをピックアップしておきましょう。

端子の種類
  • USB-A
  • USB-C
  • SDカード
  • MicroSDカード
  • HDMI
  • 有線LAN

Ankerの7in1 USB-Cハブを選んだ理由

なぜケーブル型?

まず私が一体型ではなくケーブル型を選んだ理由は、

  • iPadにも使いたい
  • USB-C端子が2つのMac Bookを持っているので充電しながら使いたい

この2つの理由でケーブル型に決定。

信頼できるメーカ

次に必要な5つのポートだけがついたものの中から信頼のおけそうなメーカー2つに絞りました。

Satechi V2 スリム マルチ USB-Cハブ

色々なサイトでおすすめされていた見た目がスタイリッシュでカッコいい「Satechi」のUSB-Cハブ

Anker 7in1 USB-Cハブ

個人的にAnkerのモバイルバッテリーを愛用していて信頼がおけたことと、Ankerジャパンの公式サイトがあり万が一なにか不具合があったときも日本語で対応してもらえる安心感。
»Ankerジャパン公式サイト

※Satechiの公式サイトは英語のみでした
»Satechi公式サイト

最終的には値段で決定

USB-Cを決める上で、デザインにこだわりが一切なく(女性はそういう方多いと思う)データを転送するスピードとかもどうでも良かったので←

値段が安かった『Ankerの7in1 USB-Cハブ』を選びました!笑

購入してから約1ヶ月ほぼ毎日のように使っていますがなんのトラブルもなく快適♪

個人的にはデザインがスタイリッシュなSatechiは男性にめちゃめちゃ人気ありそうだなと思いました!

この記事がこれからMac Bookを買おうと思っている方、USB-Cを検討中の方の参考になれば幸いです!