脱サラについて

【完全解説】失業手当をもらいながら働く方法。注意することはたったの3つ

会社を辞めたあと再就職を支援する目的で支給される失業手当ですが、

  • 失業手当をもらいながらアルバイトはできる?
  • クラウドソーシングは?
  • 働いたことがバレなければOK?

このような疑問をもっている人も多いのではないでしょうか。

実は失業手当を受けながら、アルバイトやクラウドソーシングで仕事をすることは可能です。

しかし実際に働くときは規定の範囲に収める必要があり、条件を満たしていないと受給が停止したり減額されるので注意してください。

失業手当をもらいながら働く方法をハローワークで根掘り葉掘りきいたことをこの記事でまとめました。
おすすめの働き方を紹介しているので、ぜひ最後までご覧くださいね。

あくまで個人の一例です。実際に働く際はお住い地域のハローワークで確認してください。

失業手当をもらいながら働く方法

離職後、口座に失業手当が振り込まれるのは会社都合の場合は約1ヶ月、自己都合だと約3ヶ月後になります。
この間の生活費を稼ぐためにアルバイトをしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

実は失業手当をもらいながら働くことは誰でも可能です。

しかし就職したとみなされないために以下を守る必要があります。

  1. 雇用保険に加入しない
  2. 勤務時間は週20時間未満におさえる
  3. 働いたことをハローワークに申告する

もし就職したと判断されたり規定以上の労働すると、受給が停止・減額されます。
そうならないために詳細を解説していきます。

»【ハローワーク】不正受給について

①雇用保険に加入しない

雇用保険に加入すると就職したとみなされ失業手当が受け取れなくなります。

労働する際は、以下の基準を超えないように注意してください。

②勤務時間は週20時間未満

アルバイト以外でも内職(クラウドソーシングを含む)、手伝いも勤務時間に含まれます。
失業手当を受給しながら働くときは、週20時間未満に収めるようにしましょう。

ただし1日の勤務時間が4時間を超えた場合、その日は就業したとみなされ支給が先送りとなります。※先送りとなった分は、後日全額受け取り可能(離職した日の翌日から1年間以内)

失業手当の受給開始後は1日4時間未満の勤務時間の場合、収入金額に上限あり。オーバーした際は減額の対象になるので注意が必要。
※収入金額の上限はハローワークで算出してもらえます

③ハローワークに申告する

失業手当受給中に働いたときは、勤務時間・収入額などをハローワークに申告する必要があります。
申告を怠った場合、不正受給とみなされ罰則を科されることになるので注意しましょう。

収入があったときに説明を求められることがあるため、待機期間・給付制限期間に働く際は、働いた日付・1日あたりの勤務時間をメモしておきましょう。

失業手当を受給しながら働いてもOKな期間

失業手当をもらいながら働く際は、週20時間未満の労働以外で1日の収入額に上限をもうけている場合があります。

失業手当の申請前〜給付が開始するまでの間、気をつけるべきことをみていきましょう。

前職の有給消化中→問題なし

前職の有給消化中は、失業手当の申請前なのでどれだけ働いても失業手当に影響なし。

ダブルワーク扱いになるので、副業禁止の場合は会社に問い合わせるのがベター

失業手当の申し込み前→問題なし

離職から失業手当の申請前までは、どれだけ働いても失業手当に影響なし。

待機期間中→要注意

離職票をハローワークに提出し、受給資格が決定した日から7日間(待機期間)は失業状態でいる必要があります。

1日4時間以内・週20時間未満の労働で、1日あたりの金額上限(後述)を超えなければOK


待機期間中に1日4時間以上労働した場合は、働いたとされる日数の待機期間が延長されます。

仮に2日間アルバイトをしたときは、待機期間が合計9日間となり失業手当の給付が2日間遅れます。

給付制限期間→注意

7日間の待機期間終了後の給付制限期間中は、週20時間未満の労働であれば可能。

このとき収入金額は問われません。

受給中→注意

失業手当受給中は、週20時間未満の労働であれば可能。

  • 1日4時間以上の労働→その日は就業したとみなされ支給が先送りに
  • 1日4時間未満の労働→1日あたりの収入金額に上限アリ
    ※上限金額は受給額に応じて変動。ハローワークで算出可
saya

私は1日あたりの上限収入額を超えてしまい、稼いだ金額ぶん受給額が減額されました(泣)

失業手当がもらえる期間は離職日の翌日から1年間。4時間以上の労働をして支給が先送りになる場合は1年を超えないように気をつけて

失業手当受給中おすすめの働き方

繰り返しになりますが失業手当をもらいながら働く場合、労働時間を週20時間未満に収める必要があります。

では実際にどのような働き方があるのかオススメを3つ紹介していきます。

短期・単発アルバイト

1番手軽なのが短期や単発のアルバイトです。

数ある求人サイトのなかでもマッハバイトには、日払いや週末のみといった仕事が多く掲載されています。
アルバイトの種類も豊富で、誰でも気軽に始めることができるのが魅力!

今ならバイトに採用されるだけで祝い金が最大1万円もらえるので、スキマ時間にサクッとアルバイトするのもいいですね。
»バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネット上で企業や個人が仕事を発注したり受注できるサービスです。

データ入力や簡単なアンケートなど特別なスキルがなくても受注できる仕事がたくさんあり、場所や時間にとらわれず働くことができるのがクラウドソーシングの魅力!

日本最大級のクラウドワークスなら無料で利用でき、スマホ1台で稼げる仕事も多数掲載されています。

リゾートバイト

短期でがっつり稼ぐならリゾートバイトがおすすめ。
アルファリゾートは寮費・水道光熱費・食事が無料の求人が豊富なので、固定費を抑えることができます。

失業手当の申請前であれば、リゾートバイトでいくら稼いでも問題ありません。
例えば、前職の有給消化中や離職票が届くまでの期間など。

リゾートバイトで雇用保険に加入した場合、ハローワークに提出する離職票はリゾートバイトのものになります。

»寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト!

失業手当の受給中でもバイト可能!

失業手当をもらいながら働くときは、

  • 雇用保険に加入しない
  • 勤務時間は週20時間未満におさえる
  • 働いたことをハローワークに申告する

この3つだけ守ればOK!

これらルールの範囲内で仕事をするなら

がおすすめ。

失業手当の受給中も働くことができると、時間を有効に使えお金の心配をせずに過ごすことができます。

失業手当について詳しく知りたい方は失業手当はいくらもらえる?受給期間や条件を解説をどうぞ