脱サラについて

お金をもらいながら資格がとれる職業訓練校【失業手当の受給期間が延長】

「仕事やめたいけど、その後なにするか決まってないし…」という人におすすめしたい職業訓練校についてお話します。

職業訓練校とは国や自治体がスキルアップして就職を目指す求職者のためのもので、失業中に資格や技術を学びながらお金がもらえるんです!!

基本的に失業者であれば誰でも申し込めるのですが、「失業手当をもらっているorもらっていない」「失業手当の残日数が1/3以上or1/3以下」などによって支給される給付金が大幅に異なります。

また受けたいコースの開講時期をあらかじめ把握しておくなど、事前の情報収集がとっても大切!

そんな職業訓練校について、できるだけわかりやすくまとめました!
知らないと何十万円も損するので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

仕事やめたい人はこちらの記事も読んでみてね!
失業手当(失業保険)はいくらもらえる?受給期間や条件を解説

失業中お金をもらいながら資格がとれる職業訓練校

職業訓練校は国や自治体がスキルアップして就職を目指す求職者のためのもので、失業中に資格や技術を学びながらお金がもらえます。

受講できるコースは幅広く、なかには専門学校と同等レベルの学習ができるものも。
スクールに通うと何十万円かかるところ、職業訓練校では授業料無料!

代表的な受講コースは、

  • パソコン講座(ワード・エクセル)
  • 簿記・経理
  • 医療事務
  • 宅建・FP
  • Webデザイン・プログラミング
  • 電気・介護

など、一般的なものから専門性の高い分野まで幅広く用意されています。
受講期間は2〜6ヶ月が主で、中には1〜2年のコースも。

これらの受講は無料で条件を満たしていれば給付金や交通費まで支給され、知って得する制度なんです

さらに失業手当をもらっている人は、受講中は受給期間が延長され、給付制限中であっても入学日から受給が開始されます。

ちなみに雇用保険(失業手当)の受給者でない求職者も、給付金をもらいながら無料で職業訓練を受けることが可能。(後述)

職業訓練には2種類ある

職業訓練には、公共職業訓練求職者支援訓練の2種類あります。

ここでポイントになるのが『雇用保険(失業手当)』

  • 雇用保険の受給者(失業手当をもらえる人)→公共職業訓練or求職者支援訓練
  • 雇用保険を受給できない人(失業手当をもらえない人)→求職者支援訓練

をそれぞれ受講することができます。

公共職業訓練と求職者支援訓練の違いについて解説していきます。

失業手当が多くもらえる?公共職業訓練とは

公共職業訓練は雇用保険(失業手当)の受給者向けで、求職者支援訓練よりも専門的に学ぶことができます。

受講料は無料で、条件を満たせば受講手当(500円×40日=2万円)と交通費が支給されます。

さらに失業手当の給付制限中であっても入学した日から受給が開始され、訓練が終了するまで受給が延長される!!

公共職業訓練の対象者はこちら。

  1. 過去1年以内に公共職業訓練を受講していない
  2. 訓練を受講することによって早期就職(訓練終了後3か月以内)を希望している
  3. ハローワークの受講指示または受講推薦が受けられる

③のハローワークの受講指示・受講推薦とは、交通費と受講手当がもらえるか・もらえないかの違いになります。

このように公共職業訓練は『受講指示』を受けることができると、交通費と受講手当がもらえます。
受講指示をうけるには入学時点での雇用保険の残日数1/3以上が条件となっているので注意してください。

月10万円の給付金がもらえる?求職者支援訓練とは

求職者支援訓練は先ほどの公共職業訓練に比べ、入学できる人が多いのが特徴。

対象者はこちら。

再就職を希望している雇用保険を受給できない人(受給者もOK)

自営業者・専業主婦・失業手当の受給が終了した人といった、雇用保険(失業手当)を受給できない人たちも無料で受講することができます。

また、以下の条件を全て満たす人は月10万円の給付金と交通費を受けることができます。

月10万円の給付金があれば、在学中は生活費を気にせずスキルアップできます!
気になる方は一度ハローワークに問い合わせてみましょう。

失業手当受給中の人も条件に当てはまれば月10万円の給付金がもらえます。その際、失業手当の受給終了後からコース終了日まで、日割り計算となります。

職業訓練校の申し込み方法

職業訓練校に申し込める時期は訓練機関によって異なります。
まずはどのようなコースが開講されているか、厚生労働省の訓練検索・一覧で検索してみましょう。

訓練への応募受付はだいたい入学の2~3ヶ月前に行われます。

退職予定がある場合は在職中でも申し込み・試験の受験は可能なため、希望する人は計画的にスケジュールを立てましょう。

職業訓練校の相談はハローワークの専用窓口で行っています。
もちろん在職中でも利用可能なので「会社やめたいけど、辞めた後が不安」という人は一度利用してみてはいかがですか?

受講したいコースが決まったらハローワークで申し込みを行います。

コースによっては事前のキャリアカウンセリングや、面接で利用する『質問シート』への記入が必要な場合もあるのでギリギリではなく余裕を持った日程で申し込むようにしましょう。

職業訓練校の選考について

Web系・医療事務・介護など人気のコースは倍率が2~3倍になることがあり、応募者を絞るために選考試験が行われます
選考の内容は、筆記試験&面接もしくは面接のみとなります。

面接では事前に提出した『質問シート』を元に以下のような質問がされます。

  • このコースを志望した理由
  • いつまでに就職したいか
  • 現在行っている就職活動について

職業訓練は早期就職を目指す求職者のための制度なので、早期就職の意思があるかが最も重視されるようです。

見事選考を突破したら、合格したコースを管轄するハローワークで入学手続きを行い「就職支援計画」の交付を受けましょう。
あとはステップアップを目指して勉強に集中するのみ!

知らないと損する職業訓練校

職業訓練校を受講し、技術を身につけステップアップしよう!
受講中に失業手当や補助金がもらえるので、生活費を気にせず勉強に専念することができます。

数あるコースの中から受講するものを見極め、積極的に活用してみてください。
在職中でも職業訓練についてハローワークで相談することができるので、離職を考えている人にもおすすめの制度です!

まずはどのようなコースが開講されているか、厚生労働省の訓練検索・一覧で検索してみてください!

▼おすすめ書籍