【ベトナム】フーコック島への行き方。ホテル事情や治安は?女子一人旅した体験談

2020-04-17

1年で2回行くほど気に入ったベトナムのリゾート地、フーコック島の行き方・ホテル事情・最適な移動手段についてまとめました。
ひとり旅で行ったこともあるので実際におとずれた感想もあわせてご紹介!

フーコック島は世界トップレベルに美しいビーチにも関わらず、主要都市からのアクセスが抜群なんです。

アクセスがいい・きれいな海・物価が安い・治安が良いと四拍子そろったフーコック島は、これから人気急上昇まちがいなし。
この記事を読めばあなたも行ってみたくなるはず!

フーコック島の魅力

フーコック島はベトナム南部に位置する離島。
島には国際空港がありアクセス◎

豊かな自然が多く残ることから、ベトナム最後の秘境と呼ばれています。

世界トップレベルに美しいビーチ

ベトナム フーコック島 サオビーチ

世界トップレベルに美しいビーチがフーコック島には広がっています。

欧米諸国からの旅行者が多いこともあり、ここがアジアなことを忘れてヨーロッパのリゾートに来た気分になります。

音楽が流れお酒が飲めるビーチ・静かに過ごせるビーチなど、島内にはいくつものビーチがあります。

フーコック島への行き方

フーコック国際空港

日本からフーコック島への直行便はなく、ホーチミンで国内線に乗り継ぐのが最短ルートです。

ここで注意点がひとつあって、ホーチミンに到着したら、まず入国審査をし預けた荷物をピックアップします。
その後、徒歩5分の位置にある国内線用の空港で、再び搭乗手続きをしないといけません。

saya

乗継便を利用する方は、時間にゆとりを持ったフライトを選んでくださいね!

フーコック島のホテル事情と物価、治安は?

フーコック島は有名ホテルも進出し始め、世界的にも注目されているリゾート地。
高級リゾート地のように雰囲気のいいバケーション先ですが、物価はベトナム価格なんです。

1泊あたり3〜4000円ほどでプール付きのホテルに泊まれ、観光客向けのレストランで食事をしても1食1300円ほどでした。

▼ホテルを安く予約するなら

Booking.comは返金保証&キャンセル無料【愛用歴6年の私が使いこなす方法を解説】

続きを見る

フーコック島の食事情

ベトナム フーコック島 食事

海外旅行する上で気になるのが、その場所の食事情ではないでしょうか?

フーコック島には欧米諸国からの観光客が非常に多く、レストランの種類もバラエティに富んでいるのでご安心を。

ベトナムに総じて言えることなんですが、どこで食事してもおいしい!!
ほんとうに外れがないんですよね。

機会があれば、ぜひローカルのお店にも立ち寄ってみてください。
数百円あればおいしいご飯をお腹いっぱい食べられます!

フーコック島の治安

フーコック島の治安は、夜に女性が一人で歩いても大丈夫なぐらい良いです。

リゾート地ということで観光客が多く、島の人々ものんびりしている印象を受けました。
(危機感が薄れてその後いったホーチミンでiPhoneを盗まれそうになった)

誤解がないように補足しておくと、夜に女性が一人で出歩くことはオススメしませんし、人通りの多い観光地以外は念のためタクシー移動していました。

フーコック島での移動手段

フーコック島 サオビーチ

島ではバイクをレンタルして乗り回すのが一般的です。

ただベトナムの道路は、日本と逆の左側通行で交通ルールもあってないようなもの。
旅行者の私たちが慣れない土地で運転するのは少々危険かと思います。

タクシー料金が高い

何もかもリーズナブルなフーコック島ですが、タクシー料金だけは日本と同じぐらい高いんです。

島のメイン周辺(島の南部)の、ホテルを予約すれば移動費をおさえることができます。

カーチャーターがおすすめ

1日アクティブに行動するならドライバー付きのカーチャーターがおすすめ。

気になる料金ですが、宿泊先のホテルでチャーターをお願いしたところ約7500円でした。
2人で割れば1人3700円、流しのタクシーを使うよりよっぽど費用がおさえられます。

少々割高になるかもですが、以下の理由から宿泊先のホテルでカーチャーターすることをオススメします。

ポイント

  • ドライバーがホテルの場所を把握している
  • 英語が話せないドライバーでも、受付が行き先を通訳してくれる
  • 料金をボラれることがない
  • トラブルが起こりにくい

▼あると便利な一冊

次の旅先の候補にしてみては?

いかがでしたか?
コスパ・アクセス・綺麗なビーチと三拍子そろった私の大好きなフーコック島をご紹介しました。

ベトナムを訪れる予定がある方もそうでない方も一度訪れてみては?
きっと好きになりますよ^^

あわせて読みたい
【荷物を減らしたい人必見】バックパックで海外旅行するときの中身&便利グッズ紹介

続きを見る



-旅日記